imakoの子育ち・親育ち

子育て真っ最中の主婦imakoです。子供は子供のペースで育ち、子育てを通して親も親に育っていくのだと思うのです。そんな我が家の毎日。

あちゃー。ご無沙汰です。

もう四月も下旬。

気づけば前回から2カ月たっちゃうところでした…

 

4月中旬に娘が幼稚園に無事入園できました。

というのも、入園式の1週間前から前日まで、娘が40℃をこえる発熱を毎日繰り返していたんです。

診断は溶連菌だったのですが、それにしてもお熱続きで…

入園式も無理かも…なんて思っていたときにぼそっと言ったんです。

「幼稚園からの帰り方が分からないから、行きたくない」

娘ちゃん、かなり不安に思っていたんです。

だから、鼻水をずるずるして、泣きながら訴えてくる娘ちゃんにこう言いました。

「帰りは皆でかえるから大丈夫だよ。

そして、初めてのことってドキドキするなぁ。

 

でもなぁ、娘ちゃんが今鼻水を上手にかめるのは初めてがあったからだよ。

初めてのときは、両方の鼻をふさいでブーーーーってなってできなかったんだよ。

でも2回、3回ってやっていったらできるようになったんで(^-^)

2回、3回があるのは、初めてがあったおかげなんだよ。

だから、初めてでできなくても大丈夫。

初めてをするのが大事なんだよ」

と。

そしたら、分かったかわからないのか娘ちゃんは泣きやみました。

そして、寝る前には38℃。

明日は無理かなぁ…でも、なんだかいける気がしていたんです。

そして、朝を迎えるとなんと36.5℃!!!平熱♡

 

娘ちゃん、入園式へ。

式の最中はずっと泣いていました。

先生から

「一番大丈夫と思ってたからびっくりです!

体調がわるかったんですねぇ。でられてよかったです。

よく頑張りました。」

と優しい言葉もいただきました。

もう、入園式で泣いてしまった母親です(笑)

 

 

そんな娘も1週間たって、お友達もできてきた様子。

登園する時の集合場所でも少しずつお友達と遊べるようになってきました。

 

昨日は、赤ちゃんのときからお友達だった男の子と久しぶりに喧嘩。

今朝には仲直りできた様子です。

で、その男の子のお母様が

「今度からは、できるだけ本人たちで解決するようにしてみませんか」

と素敵な言葉をくださいました。

あまり同級生と接することのなかった娘もこれから多くの経験をしていくんだぁとしみじみしてしまいました。

 

 

余談ですが、幼稚園に入ったら、少しゆっくりできるかと思ったのに…

それは、あくまで私の理想でしかありませんでした(笑)

なんだかドタバタの毎日です(笑)