読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imakoの子育ち・親育ち

子育て真っ最中の主婦imakoです。子供は子供のペースで育ち、子育てを通して親も親に育っていくのだと思うのです。そんな我が家の毎日。

あちゃー。ご無沙汰です。

もう四月も下旬。

気づけば前回から2カ月たっちゃうところでした…

 

4月中旬に娘が幼稚園に無事入園できました。

というのも、入園式の1週間前から前日まで、娘が40℃をこえる発熱を毎日繰り返していたんです。

診断は溶連菌だったのですが、それにしてもお熱続きで…

入園式も無理かも…なんて思っていたときにぼそっと言ったんです。

「幼稚園からの帰り方が分からないから、行きたくない」

娘ちゃん、かなり不安に思っていたんです。

だから、鼻水をずるずるして、泣きながら訴えてくる娘ちゃんにこう言いました。

「帰りは皆でかえるから大丈夫だよ。

そして、初めてのことってドキドキするなぁ。

 

でもなぁ、娘ちゃんが今鼻水を上手にかめるのは初めてがあったからだよ。

初めてのときは、両方の鼻をふさいでブーーーーってなってできなかったんだよ。

でも2回、3回ってやっていったらできるようになったんで(^-^)

2回、3回があるのは、初めてがあったおかげなんだよ。

だから、初めてでできなくても大丈夫。

初めてをするのが大事なんだよ」

と。

そしたら、分かったかわからないのか娘ちゃんは泣きやみました。

そして、寝る前には38℃。

明日は無理かなぁ…でも、なんだかいける気がしていたんです。

そして、朝を迎えるとなんと36.5℃!!!平熱♡

 

娘ちゃん、入園式へ。

式の最中はずっと泣いていました。

先生から

「一番大丈夫と思ってたからびっくりです!

体調がわるかったんですねぇ。でられてよかったです。

よく頑張りました。」

と優しい言葉もいただきました。

もう、入園式で泣いてしまった母親です(笑)

 

 

そんな娘も1週間たって、お友達もできてきた様子。

登園する時の集合場所でも少しずつお友達と遊べるようになってきました。

 

昨日は、赤ちゃんのときからお友達だった男の子と久しぶりに喧嘩。

今朝には仲直りできた様子です。

で、その男の子のお母様が

「今度からは、できるだけ本人たちで解決するようにしてみませんか」

と素敵な言葉をくださいました。

あまり同級生と接することのなかった娘もこれから多くの経験をしていくんだぁとしみじみしてしまいました。

 

 

余談ですが、幼稚園に入ったら、少しゆっくりできるかと思ったのに…

それは、あくまで私の理想でしかありませんでした(笑)

なんだかドタバタの毎日です(笑)

【ギターのレッスンおわりに】ほっとするごほうびタイム。

さて、ギターレッスンも3回目。

指先の皮がかなりあつくなってきたimakoです。


f:id:kirakira_imako_mama:20170228114539j:image

ホッと一息。

うふふタイム♪

さて、今回から、アルペジオに挑戦です。

左手でコードをおさえ、右手の指でポロポロと弾いていく感じのあれです。

 

ジャガジャガ弾く感じのは左手のコードさえ、注意すればあとは右手はリズムのみなのですが...。

アルペジオは難易度がぐぐぐっと増します。

 

まずは、アルペジオの基本の指使いを練習して、そのあといただいた課題曲は”翼をください”です。

 

アルペジオに関しては本当に未経験、未練習。

これからのノビシロ無限大ですよ!!!

前向き。

 

 

さぁ、今日はお仕事の定番案件もくるので、充実した日々を送ろうと思います。

それでは、大好きな娘ちゃんのお迎えにいってきます♪

 

はぶあないすでい💗

 

【月に一度の…】キャー助けてと叫びたい。うむむむ。

ここ最近、女性に月に一度やってくるアレの前でして…

なぜかイライラするのです。

ホルモンバランスが一気に変わるかららしいですが、しんどい月は本当にしんどいんですよねぇ。

 

今日も娘さんに怒ってしまって自己嫌悪してしまいました…imakoです。

 

 

さて、今度向き合うのは上に書きました。

これです。

PMS 月経前症候群

です。

 

主人がこの週末3連休でして、幾分、落ち着きは取り戻したのですが…

以前は毎週のように月曜日がくるのが嫌でした。

娘にイライラしてしまう自分、いっぱいいっぱいの自分にダメ出しをしてしまって、そんな自分にイライラしていました。

これは、私の問題だ。

とつくづく思います。

 

で、今日は午前中、どうしてもどうにもならない状態になってしまったので、もう、ここは開き直って、自分を思いっきり甘やかそうと。

で、午後からは娘とミスドデート。

一つずつドーナツを選び、好きなドリンクを選び、そして、二人で食べました。

お父さんが帰ってきたら、一緒に食べるミニのドーナツも購入しました。

それから、公園で遊んで、娘の幼稚園準備のための布を購入。

色々してから、おうちに帰りました。

そしたら、なんだか、心が少し軽くなっていました。

あーーー甘えてなかったんだなぁ。

自分で自分を追い込んでいたんだなぁ。

苦しかったなぁ。

娘はよく耐えてくれたなぁ。

夫は本当に理解してくれていて助かるなぁという思いになりました。

 

夜ごはんは

・カラスカレイの煮物

・豚汁

・もやしときゅうりの梅肉あえ

・ホタテ貝柱のカルパッチョ

・白ご飯

というメニューに。

娘と久しぶりにお料理も楽しめました。

 

イライラしてるなぁと感じたら、もう、開き直って過ごすぞ作戦を実行してみることを試していこうと思います。

本当に伝えたいことは何なのか、そこに素直になって、素直に伝えれば伝わるのに…

余裕がないとそこに素直になれないから、まずは余裕を持てるように、ちょっと肩の力を抜くことが大切なんだなぁと実感した一日でした。

【初のライティングのお仕事…すべて納品】10記事無事に書き上げて…。今回のお仕事時間を救ってくれた一冊の本を紹介。

初回のお仕事、とりあえず納品できてほっとしてるimakoです。

 

個人でお仕事をしていくイメージづくりに今回の経験は本当に役立っております。

締め切りにも間に合いました。

そして、また、新しい依頼をいただきまして、試しに始めたところです。

 

さて、この1週間ほどの期間、一冊の本を読んでから取り掛かったんです。

 

“質問”に答えるだけでイライラがニコニコに変わる!←これに目が行きました。

 

☆魔法の子育てしつもんBOOK☆

 

 

>魔法の子育てしつもんBOOK [ マツダミヒロ ]

価格:1,404円
(2017/2/24 00:44時点)
感想(0件)

目の前の出来事、行動ばかりに意識を奪われると、イライラが募ることに気づかせてくれた1冊。

本当は私はどんな気持ちを得たいんだろうと、もう一人の自分と話し合うきっかけになりました。

子育てもそうですが、この1冊は、人と人の関わりあい方で、忘れがちな部分を丁寧に書いてくれていると思います。

そして、最近よく聞く「自分を愛する」ということがわかってくる本だと思います。

 

この本を読んだことで、

なぜ仕事を始めたのか。

そこから得たい感情は?

仕事のスタイルは?

仕事と家庭とわたしはどういう関係でいたい?

どういう気持ちで関わりたい?

など、仕事に没頭すると忘れてしまうことであり、大切にしたいと思っていることを明確にすることができました。

 

おすすめの1冊です。

 

 

ということで、納品したものの修正をまちつつ、両親のお店のHP作り、新しい案件を進めていきます。

【ほぼ折り返し地点】初回の提出を終えて。

張り切ってライターの仕事に夢中のimakoです。

 

 

締め切りが22日水曜日。

ほぼ半分を書き終えました。

資料を読み込んで、どんな文章にしようかと、考えるのが意外と自分に向いているようです。

今回、初めてのライティングなので、金曜日の時点で添削していただきました。

読みやすいという感想をいただき、分かりやすくアドバイスもいただいて、やる気がでます。

ーーーーーーーーーー

私、以前にも書いたかもしれませんが、社会でうまく働けなかったんですよねー。一般企業に就職するも、新卒採用で2ヶ月で退社...実家のお店の手伝いをするも、仕事とプライベートの切り替えができず、自分を追い込みすぎて結局引きこもってしまったでき損ないと思っておりました。

それから、自立しようとバイトの掛け持ちをしつつ一人暮しを経て、結婚。専業主婦の毎日を過ごしていました。

ーーーーーーーーー

でも、このライティングの仕事をいただいてから、何となく過ごしていた毎日に「充実感」「達成感」というものが加わったのです。

この感覚、何年ぶりでしょう。

一日に2時間から3時間ほど、パソコンに向かいます。

何となく、毎日こなしている家事に、目的や締め切りの明確なライティングが入ってくることによってメリハリができます。

そして、家事も何となくではなく、一日にこれだけのライティングの時間をとるためには、家事をこれくらいの時間で終わらせよう、そのためにはこうしよう、ああしようと明確になってきて、ここでも「達成感」「充実感」が発生。

相乗効果です。

今まで、「仕事は向いてない」「仕事につけないわたしはダメ...」「専業主婦だけど、わたしちゃんとできてるかな?」なーんて思いが、浮かんじゃうこともあったけど、一歩前に踏み出して、「生活の中に仕事を組み込む」というライフスタイルを試行錯誤していく中で、成長できるようなきがしています。

【初めてのライティング】今日は手始めに1記事を書きあげました。

今日は久しぶりに娘とお昼寝をしたimakoです。

 

 

さて、ライター生活が始まりました。

800文字ほどのを1週間で10記事。

私に務まるのか、心配もありますが、手始めに1記事書きあげました。

慣れてくれば、もう少し早く書けるかな。

本日は1時間ほどかかってしまいました。

とりあえず、金曜日に2記事提出予定ですが、明日には、提出して、早い段階でアドバイスを一度いただきたいです。

 

おいおいは、私の両親のお店のHPを作成する予定なので、今は、勉強期間でもあります。

両親のお店のHPは外枠を作っていっています。

私、勝手に広報部になっております(笑)

たぶん、私が世界で一番両親のお店のファンです♡

 

 

さてさて、お話を戻しまして、テーマなどが決まっていると書きやすいですが、そのテーマや、文字数の中でいかに自分らしさや、臨場感を伝えられるか、思考錯誤だなぁと思いました。

まるで、そこに読者がいるような気分になってほしいなぁと思うのです。

 

これから、web文章も勉強です。

 

 

このブログは私の書き方の勉強の場所にもなってくるのかんぁ…

でも、こちらではマイペースな私でいたいです。

 

-------------------------------------------------------------------

 

さて、本日は娘とベランダのかぶを収穫、煮物にして食べました。

こかぶなので娘もぱくぱく。あっという間になくなりました。

葉っぱは、みじん切りにしてごま油で炒め、ゴマと薄口しょうゆで味付けをしました。

葉っぱまで軟らかく、癖もないので、これまたあっという間になくなりました。

家族で、おいしい時間を過ごせるのは幸せなことです。

 

明日は、カレーにしようかなぁ。

楽ちん圧力鍋に頼るカレー。

かぼちゃが必須です。

娘はなぜか、シチュー派ですが、私と夫は断然カレー派です。

なので、我が家はシチューとカレーを作ります。

野菜もたっぷり食べられるので、月に2回はつくってしまっています。

私のずぼら加減が丸出しですが…

さぁ、明日には書きあげるぞ!そろそろ、寝ようーーーー♪

おやすみなさい(^_-)-☆

【子育て】から学ぶ。見方を変えてみる。

夢中になると時間を忘れてしまうimakoです。

 

そんなわたしの娘は好きなことをすること、遊ぶこと、楽しいことなどへの集中力と、探求心が素晴らしいです。

 
f:id:kirakira_imako_mama:20170215101908j:image

そこへ注ぐエネルギーはどんどん大きくなります。

 

 

彼女はそれを楽しみ、自らのエネルギーにしていきます。

 

私もかつては子供で、そんな毎日を過ごしていたのだと思います。

大人になるにつれ、周りや世間体を気にしたり、あまりにも人と比べすぎたり...自分の世界を自分で否定し、小さくしてきたように思います。

 

そこに生まれてきてくれた娘。

娘との出会いは本当に宝物です。

 

私の両親は自営業をしていて共働き。

最近、母がよく言ってくれるのは

「imakoと妹は本当によく育ってくれたよねー。私たち仕事ばかりで、精一杯だったのにまっすぐ育ってくれたよ。私たちはimakoと妹じゃないと、子育てできんかったよ。今、お母さんとお父さんが幸せなのも、あなたたちのお陰。imakoの娘もそうやって、選んで生まれてくれたんだよ。」

です。

 

母は、何事にも感謝や感動をみつける天才です。

若いときは私みたいに色んなことを気にしていたと言いますが、一つづつ向き合って、克服というか、手放しをしてきたのだと思います。

母も、本当は私たちの近くにいつもいて成長を見守っていたかっただろうと思います。しかし、自営業ということもあって、仕事に終われていました。

それでも、私たちのことを宝物と思っていたことは私たち姉妹に伝わっています。

親子は、接する時間も大切ですが、密度も大事だと思います。

ただ一緒に過ごすだけの1時間と、楽しいこと、相談事、悲しみ、わくわくなどを共有する30分の方が濃いです。

私たち姉妹は両親と後者の密度の濃い親子関係だと思います。

 

そう、人が一人一人違うように、親子だって色んな関係があるんです。

ただ、私が大事にしたいと思っているのは、お互いを尊重することと、私が娘を宝物と思っていること。

 

1日ずっと一緒にいると、どうしても、イラッとすることもあります。

それは、どちらかが犠牲になっているという意識があるからだと思います。

というか、特に私の方。

 

家事をして、娘と遊んで、自分の時間はどこ?みたいな日もあります。

それが積もってくると、被害妄想です。

娘はただ、私と娘の楽しいを共有したいだけなのです。

 

ぎゅーしてとか、抱っこと言ってくるときがあります。そんな時は大抵、あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと私が私を追い込んでるとき。

 

子供が発しているサインや合図、自分がイラッとし始めたなぁというときこそ、見方を変えてみることが大事です。

 

頑張りすぎてる?追い込みすぎてる?

私は、どこにいるかわかってる?

子供に何で?どうして?と思う前に自分を見返したい今日この頃です。